投稿者アーカイブ: cruizetom

Da Vinci の問題解決

以前このBlogで指摘した ラフトの面積が大きな造形物を出力する際に、出力途中からラフトがステージから反り上がってくるという不具合を紹介しました。 そして、この2月の出力用ソフトウエアの改定で、この問題が完璧ではないです […]

TinkerCAD Bata 新機能_中点の表示

大きな機能変化の1つに 図形オブジェクトの中心線(中点)の表示があります。 従来はルーラー(定規)がグリッドに設置されていると 図形オブジェクトを選択すると自動的に中心を示す小さなポイントが表示されていました。このアイコ […]

Latex での型取り

実はLatexという素材については殆ど知らなかったのですが、youtubeで型取りの動画を検索すると海外のものが多くヒットします。 基本的には天然ゴム素材です、原型に塗布して放置すると固まり、それが型となります。 これを […]

TinkerCAD 進化-回転-

このブログでも話題にしています、TINKERCAD ですが、昨年から進化したBata版を公開していて、いよいよ今年から本格稼働しています。 従来のバージョンとの違いは、いろいろあってすべてを紹介できないので、今後少しずつ […]

XYZPrinting DaVinci での深刻なトラブル

最近使っていて困っている問題があります。 それは ステージ上で大きく面積を占有する様な造形物を印刷する際に出る問題です。 つまり底面が大きかったり、底面でなくてXY軸方向に大きく出っ張りのある造形はすべてこの範疇にはいり […]

Beta版のシェイプに新たについた機能

TinkerCADでは 基本図形が幾つか登録されていて、その図形を複数、各々サイズや角度を変えて行き、最終的にグループ化という作業で造形していきます。 作業での特徴はホールと呼ばれる図形を多用することです。 これは図形と […]

3Dプリンタ ステージの手入れに使う3つの道具

3Dプリンタでは出力の前にプラスティック糊、通称スティック糊という糊をステージに塗って、ABS樹脂を定着させやすくします。 出力時、ステージは温度が90℃前後に暖められるので、スティックのりはほぼ液状になって樹脂を定着さ […]

石膏も使いよう

石膏の良さは型を使うことで複製が簡単に作れる、また型としても使えることです。 色を載せたりすることも出来ますので、手づくりホビーでもおもしろい使い方が出来たりします。 そして何よりとても値段が安いのがいいです。 ただ石膏 […]